眼科・脳神経外科 医学書専門書店 メディカルブックサービス

若手脊椎外科医のための内視鏡手術ガイド

若手脊椎外科医のための内視鏡手術ガイド

販売価格: 19,800円(税込)

数量:

商品詳細

■患者への侵襲が低く整形外科医の修得ニーズが高いものの、極めて高度なテクニックを要する脊椎内視鏡手術。
本書は、同技術のパイオニアであり、若手脊椎外科医の研修先として高い人気を誇る岩井グループ(岩井整形外科内科病院稲波脊椎・関節病院)が培ってきた方法論を豊富な動画と画像ともに余すところなく開陳。
これから学ぶ先生、ひとつ上のレベルにステップアップしたい先生に最適です。

【目次】

1章:円筒形レトラクターを用いた脊椎内視鏡手術
 1.内視鏡手術のlearning curve
 2.内視鏡下のノミの有効な使用法
 3.正中進入による頚椎内視鏡下椎弓切除術
 4.胸椎黄色靱帯骨化症に対する内視鏡手術
 5.MEDによる硬膜損傷の原因となる手術操作
 6.椎間板性腰痛の診断と治療
 7.内視鏡支援脊椎手術
  (1)円筒形レトラクターでの腰椎椎体間固定術操作
  (2)脊椎内視鏡支援ACDF
  (3)XLIF手術
 8.術後脊椎硬膜外血腫を回避する工夫
 9.神経生理学モニタリングの重要性
 10.椎間関節を温存する工夫
 11.L5/S1椎間孔外病変の解剖学的所見と内視鏡手術

2章:PELDシステムを用いた脊椎内視鏡手術
 1.PELDの適応
 2.PELD transforaminal法
 3.PELDによる硬膜損傷の原因となる手術操作
 4.PELD用の脊椎内視鏡システムを用いた腰椎囊胞性疾患の治療
 5.PELDによるcervical foraminotomy
 6.PELDにおけるドリル操作

3章:脊椎内視鏡手術の将来
 1.ビッグデータを手術手技向上に生かすには
 2.脊椎内視鏡手術の今後
 3.future perspective

4章:トラブルシューティング
 1.はじめに
 2.固定術でのトラブルシューティング隣接椎間障害
 3.脊椎固定術後の椎体骨折
 4.腰椎の内視鏡下椎間板切除術(MED)および内視鏡下椎弓切除術(MEL)のトラブルシューティング
 5.硬膜損傷で多量の馬尾が逸脱してきた場合
 6.内視鏡下後方経路腰椎椎体間固定術(ME-PLIF)後の手術部位感染(SSI)
 7.頚椎前方手術後の合併症である呼吸障害の回避法と発生時の対策
 8.診断の陥穽
 9.PELDにおけるトラブルシューティング

商品詳細

著者 稲波弘彦(医療法人財団 岩井医療財団 理事長/稲波脊椎・関節病院 院長)【監修】
出版社 日本医事新報社
発刊年 2018年11月
ISBN 978-4-7849-5644-9
弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼ねて管理しております。 そのため、ご注文時に学会展示販売が重なった場合、一時的に在庫切れとなることがありますが、どうかご了承くださいませ。 在庫がなくなった際には、可能な限り迅速に補充するよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

Facebookコメント