眼科・脳神経外科 医学書専門書店 メディカルブックサービス

脊椎内視鏡下手術[Web動画付]

脊椎内視鏡下手術[Web動画付]

販売価格: 19,800円(税込)

数量:

商品詳細

脊椎内視鏡下手術テキストのゴールドスタンダード
和歌山県立医科大学整形外科学教室では、脊椎内視鏡視下手術を全国に先駆けて導入しており、これまで良好な成績とともに圧倒的な実績を積み重ねている。本書は、これまで当教室で培ってきた経験、知識、技術を余すことなく落とし込んだ内容となっている。各手技については、術中写真に加え、シェーマも並行提示し、ポイントをつかみやすい構成とした。また、主要な手技はWeb動画を付すことで、紙面では伝わりづらい部分の理解も促す。

【目次】

第I部 基礎編 
 1章 後方進入内視鏡下手術を行うために知っておきたい解剖の基本 
  A 頚椎(後方進入) 
  B 頚椎椎間孔部 
  C 胸椎 
  D 腰椎 
  E 腰椎椎間孔 
 2章 内視鏡下手術のためのセットアップ法 
  A 基本セットアップ 
  B 手術器具のセットアップ 
   [Q&A 1]ダイレータ挿入時に気をつけることは? また,軟部組織剥離のポイントは? 
   [Q&A 2]サクションが邪魔になって処置具をよい位置に 
        もっていくことができない場合の対応法は? 
   [Q&A 3]レンズを汚れにくくする工夫は? 
 3章 内視鏡視野の特性を知る 
  A 視野特性について 
  B 器械操作時のポイント 
  C 適切な視野を得る工夫 
 4章 手術器具を使ってみる 
  A 円筒レトラクター 
  B ハイスピードドリル,内視鏡用骨ノミ 
  C スコープ,モニター,カメラ 
   [Q&A 4]フレキシブルアーム不具合時の対処法は? 
   [Q&A 5]バーが届かず削りにくいときの対応法は? 
   [Q&A 6]スコープの破損やwandingの際の愛護的な把持の方法は? 
 5章 内視鏡下手術-成功へのコツ 
  A モニター画面を綺麗に保つ工夫 
  B 画面内への軟部組織混入対策 
  C 視野を広くとるために 
  D 体位の工夫 
  E レベル誤認対策 
  F 止血法 
  G 血腫対策とドレーン挿入 
  H 肥満患者対策 
 6章 おさえておきたい内視鏡下手術の基本手技 
  A 皮切の位置 
  B 黄色靱帯の切開 
  C 神経組織のレトラクト 
  D 神経組織のレトラクトからの椎間板の露出と展開 
  E 椎間板の郭清 
  F 片側進入両側除圧 
   [Q&A 7]除圧,鋭匙など各種器具を使用する際のポイント(届かせるためのコツ)は? 
   [Q&A 8]カメラワークについて,より見やすくするポイントは? 
        また,見えないときの対応法は? 
   [Q&A 9]止血 特に隆々とした血管を損傷したときの対応法は? 
   [Q&A 10]フィンガーナビゲーションの方法は? 
   [Q&A 11]円筒レトラクターの設置や傾きについてのポイントは? 

第II部 手術手技編 
 7章 椎間板ヘルニアに対する内視鏡下手術 
  A 内視鏡下腰椎椎間板摘出術(microendoscopic discectomy:MED) 
  B 外側ヘルニア 
  C 中心性ヘルニア 
  D migrateしたヘルニア 
  E 脊椎椎体後方骨片摘出術 
  F スポーツヘルニアの特徴 
  G 再発ヘルニア 
   [Q&A 12]尾側safety triangleは安全か? 
   [Q&A 13]広範囲膨隆型ヘルニアでの対側神経根の確認とヘルニア処理の方法は? 
   [Q&A 14]皮切の位置が悪いと後で気づいたときの対処法は? 
 8章 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下除圧術(MEL) 
   [Q&A 15]膨隆した黄色靱帯が邪魔になって対側の骨切除が 
        ブラインド気味になってしまう際の対策は? 
   [Q&A 16]直のケリソンとカーブケリソンをどう使い分ける? 
   [Q&A 17]見えているものの器具が届かない場合の対処法は? 
   [Q&A 18]対側除圧のコツは? 
   [Q&A 19]多椎間除圧の際の皮切の位置は? 
   [Q&A 20]腰部脊柱管狭窄症の病型ごとの除圧範囲は? 
   [Q&A 21]多椎間狭窄における除圧範囲は? 
   [Q&A 22]骨棘,椎間関節の肥厚が強くて円筒レトラクターの設置が浅くなる場合, 
        どのように対応すべきか? 
   [Q&A 23]除圧の際,硬膜管の膨らみが悪いときに考えることは? 
   [Q&A 24]どういう順番であれば最も安全に骨を削れるか? 
        -対側が削りにくい際の秘策とどこまで削るかについて- 
   [Q&A 25]黄色靱帯剥離時にケリソンが入りにくい場合にどうしたらよいか? 
 9章 腰椎変性すべり症に対する内視鏡下手術 
 10章 種々の病態に対する内視鏡下除圧術 
  A 変性側弯を伴う場合の除圧手技 
  B 腰椎分離症に対する内視鏡下除圧術 
   [Q&A 26]変性側弯進入側はどのように決定するのか? 
   [Q&A 27]変性側弯症に対する手術の成績不良症例 
 11章 嚢腫性病変に対する内視鏡下手術 
 12章 神経根奇形に対する内視鏡下手術 
 13章 椎間孔部狭窄に対する内視鏡下手術 
  A 手術について 
  B 椎間孔部狭窄症に特徴的な理学所見,画像所見 
  C 椎間孔部狭窄症診断のための電気生理学的検査(SNAP, DML) 
   [Q&A 28]椎間孔部狭窄症に対する手術の成績不良症例 
 14章 頚部脊髄症に対する内視鏡下頚椎後方除圧術(CMEL) 
   [Q&A 29]頚椎内視鏡下手術に際し,METRx-MEDシステムの 
        標準器械以外に準備するものは? 
 15章 頚部神経根症に対する内視鏡下頚椎椎間孔拡大術(CMEF) 
   [Q&A 30]CMEFにおける出血対策はどのようにすればよいか? 
   [Q&A 31]CMEFにおける前方骨棘,ヘルニア摘出の判断基準は? 
   [Q&A 32]CMEFの際にランドマークをどこに置くか? 
   [Q&A 33]頚椎内視鏡下手術時のヘルニア摘出の方法は? 
   [Q&A 34]CMEF外側のランドマークを確認する際のポイントは? 
 16章 頚椎椎間板ヘルニアに対する後方内視鏡下除圧術の適応と椎間板縮小 
 17章 胸髄症に対する内視鏡下胸椎椎弓切除術(TMEL) 
 18章 タンデム手術(Tandem Operation) 
 19章 術前シミュレーターの開発と臨床応用 
 20章 ナビゲーションガイド下手術の実際 

第III部 合併症対策編 
  A 日本整形外科学会の報告より 
  B 硬膜損傷:縫合 
  C 硬膜損傷:パッチテクニック 
  D ヘルニア再発 
  E 術後血腫と予防 
  F 術後血腫の発生時対策 
  G 術後性後根神経節関連神経痛の予防と発生対策 
  H ドレーン関連 
  I 腰椎内視鏡下手術におけるレベル別の注意点 
  J 変性側弯(回旋) 

索引

商品詳細

著者 編集:吉田 宗人
出版社 医学書院
発刊年 2017年06月
ISBN 978-4-260-03053-3
弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼ねて管理しております。 そのため、ご注文時に学会展示販売が重なった場合、一時的に在庫切れとなることがありますが、どうかご了承くださいませ。 在庫がなくなった際には、可能な限り迅速に補充するよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

Facebookコメント