眼科・脳神経外科 医学書専門書店 メディカルブックサービス

高次脳機能障害の考えかたと画像診断

高次脳機能障害の考えかたと画像診断

販売価格: 7,776円(税込)

数量:

商品詳細

高次脳機能障害の適切な診療のために必須となる膨大な知識に加え,それらを体系化して把握する力,臨床的な経験値,それらを総合的に検討し適切な診断と治療に結びつけるための論理的思考力など,臨床・研究に欠かせない知見のすべてをエキスパートによる懇切丁寧かつ生き生きとした解説で伝える.高次脳機能障害を学ぶ人のための最良のテキスト!

【目次】

Chapter 1 神経心理学序論[武田克彦]
  I 神経心理学の成り立ち
  II 神経心理学は科学か
  III 神経心理学の診察

Chapter 2 神経心理学的評価[山下 光]
  I 神経心理学的評価とは
  II 神経心理学的評価の目的
  III 神経心理学的評価の情報源
  IV 神経心理学的検査
  V 神経心理学的検査の結果に影響を与える変数
  VI 反復実施の問題
  VII 詐病をめぐる問題
  VIII ICTの導入

Chapter 3 神経心理に必要な画像読影の基本
 1 画像診断1:CT,MRIを中心に…[板東充秋]
  I 画像で何がわかるか
  II 画像の読み方:脳の構造との関連づけ
  III 画像ソフトとその問題点
 2 画像診断2:統計学的画像解析(MRI,SPECT)…[松田博史]
  I 統計学的画像解析(MRI)
  II 統計学的画像解析(SPECT)

Chapter 4 記憶障害
 1 記憶障害…[数井裕光,佐藤俊介]
  I 記憶の分類
  II 障害部位による記憶障害
  III 記憶障害の評価方法
 2 記憶障害のリハビリテーション…[原 貴敏,原 寛美]
  I 記憶障害患者の回復過程とリハビリテーションプログラムの立案について
  II 記憶障害に対するリハビリテーションのエビデンス
  III 症例呈示
  IV 非侵襲的脳刺激(NBS)

Chapter 5 注意障害[船山道隆,中島明日佳]
  I 注意機能とは
  II 注意機能の下位分類
  III 注意障害
  IV 注意障害のリハビリテーション

Chapter 6 遂行機能障害
 1 遂行機能障害…[田渕 肇,三村 將]
  I 遂行機能とは
  II 問診場面における遂行機能障害
  III 遂行機能障害の評価法
  IV 遂行機能障害と前頭葉
  V 症例呈示
 2 遂行機能障害に対するリハビリテーション…[原 寛美]92
  I 遂行機能障害に対する認知リハビリテーションのエビデンス
  II 持続性注意・ワーキングメモリーの訓練
  III ストラテジー訓練
  IV 反復性経頭蓋磁気刺激(rTMS)を用いたneuromodulationによる高次脳機能障害の改善

Chapter 7 失語
 1 古典的失語症候群の症候と画像診断…[飯塚 統,松田 実]
  I 比較的限局した病変で症状との対応がほぼ確定的な症候群
  II 大病変の場合が多く,症状も多因子的な症候群
  III 病巣症状対応が非確定的で,症状の個人差も大きい症候群
 2 失語の画像診断―病変局在をめぐる諸問題…[大槻美佳]
  I 言語症候の局在を巡る知見
  II 要素的言語機能障害とその局在
 3 読字書字障害…[櫻井靖久]
  I 非失語性失読・失書の分類
  II 純粋失読
  III 角回性失読失書
  IV 側頭葉後下部型失読失書
  V 中側頭回後部病変による漢字の失書
  VI 縁上回病変による仮名の失書
  VII 上頭頂小葉(頭頂間溝)病変による失行性失書
  VIII 中前頭回後部病変による純粋失書
  IX 二次性非失語性失読・失書
  X 読字・書字の認知心理学的モデル

Chapter 8 失行[中川賀嗣]
  I 「機能区分および関連する脳部位」と行為・動作障害
  II 失行
  III 症状判定のポイントと画像の見かた

Chapter 9 失認
 1 視覚性失認…[平山和美]
  I 視覚性失認とは? 
  II 視覚性失認の分類
  III 視覚性失認の病態
  IV 視覚性失認に関係する脳領域のMRIによる同定
  V 視覚性失認の諸型
 2 聴覚失認…[佐藤正之]
  I 聴覚情報の脳内処理過程:背側経路と腹側経路
  II 皮質聾,皮質性聴覚障害,皮質性難聴
  III 聴覚失認
  IV 聴覚失認の自験例

Chapter 10 空間認知障害[高橋伸佳]
  I 視空間知覚障害
  II 注視空間における障害
  III 地理的障害

Chapter 11 半側空間無視
 1 半側空間無視…[今福一郎,武田克彦]
  I 定義
  II 症候と検査法
  III 左半側空間無視の脳の病巣について
  IV 症例呈示
  V 半側空間無視のメカニズム説
  VI 半側空間無視をめぐるいくつかの問題
 2 半側空間無視のリハビリテーション…[太田久晶]
  I 左半側空間無視症状に対する評価
  II 左USN症状に対する治療介入方法

Chapter 12 病態失認[鈴木匡子]
  I 片麻痺の病態失認
  II 半側空間無視の病態失認
  III 盲・聾の病態失認(Anton症候群)
  IV 同名性半盲の病態失認
  V 視覚性失認の病態失認
  VI 健忘の病態失認
  VII 失語の病態失認
  VIII その他の神経学的症状・認知機能障害に対する病態失認
  IX 症例呈示

Chapter 13 脳梁[東山雄一,田中章景]
  I 脳梁の解剖
  II 脳梁離断症候の歴史
  III 脳梁離断症候の診察
  IV 脳梁離断症候群
  V 脳梁と意識

Chapter 14 行動変化
 1 アパシー…[上田敬太,村井俊哉]
  I 医学用語としてのアパシー
  II アパシーの下位分類
  III アパシーの発生機序
  IV アパシーの評価尺度
  V アパシーの類義語および鑑別すべき状態像
  VI アパシーの治療
 2 社会的行動障害…[村井俊哉,生方志浦]
  I 高次脳機能障害の症候としての社会的行動障害
  II 前頭葉を神経学的基盤とした社会的行動障害
  III 臨床場面における社会的行動障害の評価と対応
  IV 社会的行動障害の治療・対応
  V 症例提示

Chapter 15 認知症
 1 認知症の新しい診断基準について…[橋本 衛,池田 学]
  I DSM—5のMajororMildNeurocognitiveDisordersの特徴
  II アルツハイマー病診断基準
  III レビー小体型認知症(DLB)の診断基準
  IV 前頭側頭葉変性症(FTLD)の診断基準
  V 血管性認知症(VaD)の診断基準
 2 認知症 各論…[長谷川千洋,博野信次]
  I アルツハイマー病
  II レビー小体型認知症
  III 前頭側頭葉変性症
  IV 皮質基底核変性症
  V 進行性核上性麻痺
  VI 認知症で用いられる認知機能検査
  VII 各疾患の画像
  VIII 精神症状と介護負担度の評価

 索引

商品詳細

著者 武田克彦 (文京認知神経科学研究所 所長)
出版社 中外医学社
発刊年 2016年11月
ISBN 978-4-498-22874-0
弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼ねて管理しております。 そのため、ご注文時に学会展示販売が重なった場合、一時的に在庫切れとなることがありますが、どうかご了承くださいませ。 在庫がなくなった際には、可能な限り迅速に補充するよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

Facebookコメント