眼科・脳神経外科 医学書専門書店 メディカルブックサービス

脳血流量は語る −かくれた謎をひも解く−

脳血流量は語る −かくれた謎をひも解く−

販売価格: 4,400円(税込)

数量:

商品詳細

脳の疾患や健康状態を表す脳血流量は,脳機能を支えるインフラである.それゆえ脳疾患の診断ツールにはなりえても,マイナーな存在であった.しかしイメージング技術の発展と共に,脳血流量には「揺らぎ」があることが判明.この揺らぎが,脳の神経細胞の活動領域に対応していることが分かってきた.寡黙と思われていた脳血流量が,実は脳の活動を雄弁に語っていた代弁者であった.本書はその語りから,脳の秘密をひも解いていく.

【目次】

はじめに
読者の皆様へのご案内 

1 プロローグ
 A 脳血流量から見える世界  
 B 待望される異次元のモデル  
 C 筆者が脳血流量測定を始めた時代  

2 脳血流量の素顔 
 A 酸素の大食漢を養う脳血流量  
 B 脳のゴミを掃除する脳血流量  
 C リモート制御される脳血流量  
 D 疾患や加齢を映す安静時の脳血流量  
 E 神経活動を映す脳血流量のゆらぎ  
 F 偶然に発見された内因性信号  
 G 神経活動の実験には邪魔だった脳血流量 
 H 損傷には過敏な脳血流量 

3 脳血流量の通り道:脳血管 
 A 構造と基本性能 
  a.血管の構造 
  b.血管径と血圧と流速 
 B 脳血管とその周辺組織 
  a.脳を守る血液脳関門(BBB) 
  b.BBBの障害と脳浮腫  
  c.神経細胞と脳血管を連結する神経血管単位(NVU) 
  d.神経細胞を支えるグリア細胞 
  e.微小血管を補佐するペリサイト(周皮細胞) 
 C 脳動脈と脳静脈それぞれの役割  
  a.脳血管ネットワーク 
  b.主幹脳動静脈の役割 
  c.脳表動脈と穿通動脈の役割 
  d.緊急時に作動する側副血行路 
  e.灰白質と白質で異なる毛細血管密度 
 D 赤血球による酸素交換 
  a.ヘモグロビンの酸素化と脱酸素化 
  b.肺循環と体循環の役割  
  c.酸素解離曲線
  d.ヘマトクリット値 

4 脳血流量を測る:歴史
 A 脳血流量測定の黎明期 
  a.脳容積の変化を測定する試み 
  b.脳血流量の数量化の試み 
 B 不活性ガスによる脳血流量の定量化 
  a.笑気ガスによる定量化 
  b.笑気ガスの麻酔効果 
  c.RIトレーサーというブレークスルー 
  d.新しい方法を開発できた背景 
  e.キセノン133脳血流量の日本への導入 
  f.キセノン133の限界 
 C トモグラフィー装置の開発 
  a.トモグラフィーの夜明け 
  b.筆者らの試み 
  c.高速SPECTの盛衰 
 D 非侵襲化は時代の流れ 
  a.RI導入の先見性 
  b.時代と共に変化する「侵襲的」の定義 
  c.PETとSPECTは実用化へ
  d.新時代を開くPET装置 

5 脳血流量を測る:理論 
 A 通路を流れる道流と灌木叢を流れる灌流 
  a.道流と灌流の単位 
  b.通路を流れる道流の測定 
  c.灌木叢を流れる灌流の測定 
  d.道流から灌流へ:ミクロからマクロへの融合 
 B 血流量測定に使用されるトレーサー 
  a.拡散性トレーサー 
  b.非拡散性トレーサー 
  c.マイクロスフェア型トレーサー 
  d.ケミカルマイクロスフェア型トレーサー 
 C 脳血流量を計算する 
  a.脳血液分配係数(p)
  b.初回通過摂取率(E)
  c.トレーサーの平均通過時間から計算する 
  d.トレーサーの分布密度から計算する 
  e.絶対値測定と相対値測定 
  f.集積分布の半定量的評価 
 D 核医学のかなめ:RIトレーサー 
  a.トレーサーアマウント 
  b.比放射能 
  c.トレーサーかプローブか 
  d.核医学の測定感度は高いか 
 E トレーサーをまとめるコンパートメントモデル 
  a.トレーサーが分布する仮想部屋:コンパートメント 
  b.酸素15ガス吸入法のコンパートメントモデル 
  c.神経受容体のコンパートメントモデル 
  d.トレーサーのインプット関数 

 6 脳血流量を測る:方法 
 A SPECTによる脳血流量の測定法  
  a.キセノン133による定量的脳血流測定法 
  b.ヨウ素123標識IMPによる定量的脳血流量測定法  
  c.ケミカルマイクロスフェア型トレーサーによる測定法 
 B PETによる脳循環代謝の測定法 
  a.超小型サイクロトロンの登場 
  b.PET装置の実用化 
  c.酸素15標識ガス定常吸入法測定法 
  d.酸素15標識ガス短時間投与法測定法 
 C RIを使わない脳血流量測定法 
  a.コールドキセノン吸入法 
  b.MRIによる動脈血スピン標識法(ASL) 
  c.CTやMRIの血管造影剤による測定法 
  d.近赤外線スペクトロスコピー(NIRS)による脳血液量測定法
  e.超音波による道流の測定法 
 D 動物実験での脳血流量測定法 
  a.水素クリアランス法 
  b.オートラジオグラフィ(ARG)法 
 c.透過光の平均通過時間による脳血流量測定法 
  d.レーザードプラー血流計(LDF) 
  e.レーザースペックルイメージング(LSI) 
  f.共焦点顕微鏡と二光子励起顕微鏡 

7 脳を守る脳血流量
 A 脳血流量を調節するメカニズム 
  a.頭蓋内の脳血流量調節 
  b.微小循環での脳血流量調節 
 B 健康脳の脳血流量調節 
  a.灌流圧調節(自動調節機序) 
 b.化学性調節 
  c.神経原性調節 
  d.代謝性調節 
 C 脳血管障害時の脳血流量 
  a.貧困灌流と贅沢灌流 
  b.循環予備能と代謝予備能 
  c.脳梗塞の脳血管閉塞のタイプ 
  d.脳血流量の再灌流治療 
 D 脳組織が異常時の脳血流量 
  a.ノーリフロー現象 
  b.脳神経変性疾患における脳血流量 
  c.異常たんぱく質集積による認知症の脳血流量 
  d.血管性認知症の脳血流量 

8 脳を写す脳血流量 
 A 神経活動と連動する脳血流量 
  a.フィードバック機序 
  b.フィードバック機序のほころび 
  c.神経活動時の好気的解糖について 
  d.フィードフォワード機序の台頭とフィードバック機序との統合
 B BOLDコントラストという新大陸の出現  
  a.BOLDコントラストの発見  
  b.BOLDコントラストの本質 
  c.BOLD信号は天からの贈り物 
  d.BOLD信号によるパラダイムシフト 
  e.BOLD信号のダイナミックレンジ 
 C 神経活動と脳血流量を結ぶミッシングリンク 
  a.脳血流量は神経活動を代弁するか 
  b.脳血流量信号と神経活動の比較 
  c.脳血流量信号の時空間分布 
  d.脳血流量信号の加算法則 
 D 安静状態が厄介者から新鉱脈へ 
  a.頭痛のタネだった安静状態
  b.安静状態が切り開く新世界 

9 エピローグ 
 A 熱気のシフト 
 B 脳活動の表現形 
 C 残る疑問点 
 D 氷山の一角 
 E 未知の鉱脈 
 F おわりに  

参考文献  
引用文献  
基本用語  
脳血流量測定に深く関わった人物  
索 引  

商品詳細

著者 菅野巖 著
出版社 中外医学社
発刊年 2020年07月
ISBN 978-4-498-32840-2
弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼ねて管理しております。 そのため、ご注文時に学会展示販売が重なった場合、一時的に在庫切れとなることがありますが、どうかご了承くださいませ。 在庫がなくなった際には、可能な限り迅速に補充するよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

Facebookコメント