眼科・脳神経外科 医学書専門書店 メディカルブックサービス

脳腫瘍病理入門Q&A200

脳腫瘍病理入門Q&A200

販売価格: 4,620円(税込)

数量:

商品詳細

正常細胞から脳腫瘍病理まですっかりわかる

主要な脳腫瘍の病理の基礎知識やキーワードを200のQ&Aと43のサイドメモでやさしく解説。正常脳細胞から脳腫瘍の病理組織まで染色画像を多数掲載。基本的なHE染色画像が読めることが、的確な診断への第一歩! 専門医認定試験対策にも使える。
 
【目次】
・はじめに



<0> 脳腫瘍病理の話を始める前に

<1> 正常脳細胞
(a) ヘマトキシリン・エオジン(HE)染色
(b) ニューロン(神経細胞)
(c) オリゴデンドログリア(乏突起膠細胞)
(d) アストロサイト(星状膠細胞)
(e) 脳室上衣と脈絡叢
(f) 脳の毛細血管

<2> グリオーシスと線維化
(a) グリオーシスと線維化の形成機序
(b) 炎症細胞浸潤と血管新生
(c) 脳腫瘍の線維化

<3> 脳腫瘍細胞の形と配列
(a) 上皮と上皮様
(b) 脳腫瘍のロゼット構造
(c) 紡錘形細胞と配列

<4> アストロサイトーマ(星細胞腫)
(a) 脳腫瘍のWHO 分類
(b) 核異型とマイトーシス
(c) びまん性星細胞腫

<5> グリオブラストーマ(膠芽腫)
(a) グリオブラストーマとは
(b) グリオブラストーマの病理診断
(c) 多核巨細胞

<6> 毛様細胞性星細胞腫
(a) 毛様細胞性星細胞腫とは
(b) ローゼンタール線維
(c) 毛様類粘液性星細胞腫

<7> オリゴデンドログリオーマ(乏突起膠腫)
(a) オリゴデンドログリオーマはオリゴデンドログリアの腫瘍か?
(b) オリゴデンドログリオーマの病理所見
(c) オリゴデンドログリオーマの悪性所見
(d) オリゴデンドログリオーマの鑑別診断

<8> 髄膜腫基本型
(a) 髄膜腫の由来
(b) 髄膜腫の基本型 (1)渦巻
(c) 髄膜腫の基本型 (2)合胞体
(d) 髄膜腫の基本型 (3)砂粒体

<9> 髄膜腫亜型
(a) 髄膜腫の亜型 (grade I)
(b) 髄膜腫の亜型 (grade IIとgrade III)
(c) 異型性髄膜腫(grade II)と退形成性髄膜腫(grade III)

<10> 髄膜腫以外の髄膜性腫瘍
(a) 血管外皮腫
(b) 孤立性線維性腫瘍
(c) 血管芽腫
(d) 放射線誘発脳腫瘍、間葉系の悪性腫瘍

<11> 神経鞘腫
(a) シュワン細胞の構造
(b) 神経鞘腫の病理所見

<12> 頭蓋咽頭腫
(a) 頭蓋咽頭管(ラトケ嚢)と頭蓋咽頭腫
(b) エナメル上皮とエナメル質
(c) 頭蓋咽頭腫の病理所見(エナメル上皮腫型)
(d) 頭蓋咽頭腫の病理所見(乳頭型、扁平上皮型)

<13> トルコ鞍近傍部腫瘍
(a) 下垂体腺腫
(b) 類皮腫と類上皮腫
(c) 胚腫
(d) 脊索腫

<14> 髄芽腫
(a) 髄芽腫の病理像
(b) 線維形成性/結節性髄芽腫
(c) 中枢神経系原始神経外胚葉性腫瘍

<15> 脳室内腫瘍
(a) 上衣腫
(b) 脈絡叢乳頭腫
(c) 中枢性神経細胞腫
(d) 上衣下腫と上衣下巨細胞性星細胞腫

<16> 悪性リンパ腫
(a) 中枢神経系原発悪性リンパ腫の画像所見
(b) 中枢神経系原発悪性リンパ腫の病理所見
(c) MALT リンパ腫

<17> いまさら聞けないグリオーマ分子生物学



・参考文献
・質問項目一覧
・索引

商品詳細

著者 竹内 浩明 著
出版社 メディカ出版
発刊年 2015年02月
ISBN 978-4-8404-5327-1
弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼ねて管理しております。 そのため、ご注文時に学会展示販売が重なった場合、一時的に在庫切れとなることがありますが、どうかご了承くださいませ。 在庫がなくなった際には、可能な限り迅速に補充するよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

Facebookコメント