眼科・脳神経外科 医学書専門書店 メディカルブックサービス

認知症医療 《スーパー総合医》

認知症医療 《スーパー総合医》

販売価格: 10,450円(税込)

数量:

商品詳細

現在のわが国は世界のどの国よりも高齢化率が高く,認知症の有病率が高い.近年認知症に対する医療上のとらえ方は大きく変わったが,そのスピードがあまりにも速く「認知症医療」の統一的なコンセプトを創るのが追いつかないのが現状である.本書では,認知症を「治す」という視点ではなく「ともに生きる」という視点で構成.認知症を知り,日々の診療に活かすためにいますぐ使える一冊である

【目次】


1章 認知症にどう医療が関わるか
 認知症の人の体験からみる症候学 (山崎英樹)
 認知症の人と向き合う「患者」から「人」へ (長谷川和夫)
 認知症医療の基本 認知症の人の心を支えるには (斎藤正彦)
 認知症を関係性の障害という視点からどう語れるか (松田 実)
 レビー小体型認知症の実臨床 (小阪憲司)
 レビー小体型認知症と自律神経障害 (織茂智之)
 レビー小体型認知症の膀胱障害 (榊原隆次,舘野冬樹)
 認知症と汗 (神戸泰紀)
 認知症と錐体外路症状 (神戸泰紀)
 認知症と血圧変動 (織茂智之)
 認知症と糖尿病 (本多智子,神戸泰紀)
 認知症とがん (新田國夫)
 認知症とせん妄 (久永明人,水上勝義)
 認知症原因疾患の臨床診断を現場で行う 予測を立てるための症候学 (池田 学)
 特発性正常圧水頭症に現場で気づく (奥村 歩)
 認知症で脳のMRI をみて注意すること (長光 勉)
 認知症の人への安全な投薬選択 (亀山祐美,秋下雅弘)
 抗認知症薬の意味と意義 (木之下徹)
 わが国の認知症の人たちのケアの変遷 向精神薬等の行動制限にかかわる話 (吉岡 充)

2章 認知症と暮らす 医師・医療スタッフが知るべきこと,アドバイスできること
 施設での「面白いケア」とはどのようなケアか (宮島 渡)
 認知症の人へ 暮らしの中でできること (水谷佳子)
 後見制度の活用 (池田惠利子)
 認知症の人が,遺言等の法律行為を有効にできるか? 遺言に必要な「事理弁識能力」 (住田裕子)
 老後の財産管理 (和泉昭子)
 経済被害と機会損失 (安田朝子)
 認知症の人が活用できる制度 (宮島俊彦)
 認知症の人が活用できるインフォーマルサービス (徳田雄人)
 若年性認知症の生活支援の特徴 (宮永和夫)
 身体づくりと転倒予防を楽しく (小松泰喜)
 認知症のスピリチュアル回想法をやってみる (川嶋乃里子)
 認知症のケアを科学する (朝田 隆)
 認知症の当事者から見た歴史 (宮崎和加子)
 認知機能を測ることの意味と実際 (本間 昭)
 認知症を考える あなたも認知症になる (町永俊雄)
 認知症と生きる人にとって“いいお医者さん”とは (川村雄次)
 医療現場への認知症の人の家族の言葉 (高見国生)
 在宅診療で看護師ができること (本多智子)
 医師が地域でできること 新たな認知症医療体制の視点から (藤本直規,奥村典子)
 外来診療における医師に必要な「まなざし」 (高橋幸男)

付録
 認知症をもっと知るために
 認知症関連Web サイト
 認知症がよくわかる本

索引 319

商品詳細

著者 木之下 徹
出版社 中山書店
発刊年 2014年07月
ISBN 978-4-521-73901-4
弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼ねて管理しております。 そのため、ご注文時に学会展示販売が重なった場合、一時的に在庫切れとなることがありますが、どうかご了承くださいませ。 在庫がなくなった際には、可能な限り迅速に補充するよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

Facebookコメント