眼科・脳神経外科 医学書専門書店 メディカルブックサービス

臨床現場における 経皮的神経電気刺激療法

臨床現場における 経皮的神経電気刺激療法

販売価格: 4,840円(税込)

数量:

商品詳細

●加齢とともに慢性疼痛疾患に罹患する率は高くなるが,経皮的神経電気刺激(TENS)療法によって症状が改善される例も多い.またTENS機器も飛躍的に発展し,より安全で,かつより効果的なものが現れている. 
●第I部基礎編では電気刺激の基本知識と,TENS療法の作用機序を理解するために必要な神経生理学について解説した.また痛みの受容器や伝導路と生理学的機構,およびTENS療法の効果についても述べた. 
●第II部臨床編では,40疾患についてTENS療法の実際を示した.1疾患は見開き2頁で構成されているので見やすく,理解しやすい. 
●柔道整復師,整形外科医など多くの方々に,臨床現場でご活用いただける1冊である.

【目次】

序文
第I部 基礎編
第1章 電気刺激療法総論
 1.物理療法とは
 2.電磁波とは
 3.電気刺激療法の歴史
 4.低周波電気刺激の様式
 5.TENS療法とは
 6.TENS療法における神経細胞の刺激の受容と興奮
  1)神経細胞の構造
  2)神経線維の種類と電気刺激
  3)強さ-時間曲線
  4)神経信号の伝導と伝達
 7.TENS療法における筋収縮の仕組み
 8.TENS療法における筋収縮のエネルギー供給
 9.TENS療法の頻度と筋収縮のパターン
 10.TENS刺激装置
  1)刺激電圧や電流・頻度・波形における人体への作用
  2)低周波TENS装置
  3)低周波持続パルスTENS装置
  4)強TENS装置
 11.一般の常用低周波治療器
  1)マックスカイネMK-130G
  2)ポラリスカイネPO-3
 12.TENS装置の操作
  1)電極の材質
  2)電極ペースト
  3)電極の大きさ
  4)電極の接着部位
 13.TENS療法の副作用
  1)アレルギー性皮膚反応
  2)熱傷
  3)浮腫
  4)皮下内出血
 14.禁忌
  文献
第2章 痛みとTENS療法の効果
 1.痛みとは
 2.痛みの受容器
 3.痛みの伝導路
  痛みの上行路
 4.痛みの分類
  1)皮膚痛覚
  2)深部痛覚
  3)内臓痛覚
 5.痛みの臨床的分類
 6.痛みの生理学的機構
  1)痛みの末梢機構
  2)痛みの中枢内因性機構
  3)痛みの神経液体性機構
 7.TENS療法の効果
  1)局所皮膚血流量の改善
  2)血漿インスリン感度の増強効果
  3)TENS療法における痛みの改善効果
  4)TENS療法における筋萎縮予防と筋力増加効果
  5)TENS療法における脳神経活動への影響
  6)TENS療法における骨折修復の促進
  文献
第II部 臨床編
第3章 TENS療法の実際
 1.緊張型頭痛
 2.偏頭痛
 3.片麻痺
 4.ベル麻痺
 5.顔面痙攣
 6.三叉神経痛
 7.坐骨神経痛
 8.肩痛
 9.上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
 10.筋筋膜性腰痛症(ギックリ腰)
 11.気管支喘息
 12.足関節捻挫
 13.肩こり
 14.手根管症候群
 15.術後疼痛
 16.めまい
 17.顎関節症
 18.月経困難症
 19.歯痛
 20.変形性膝関節症
 21.鞭打ち損傷
 22.不眠症
 23.慢性腰痛症
 24.慢性前立腺炎
 25.寝違え
 26.関節リウマチ
 27.帯状疱疹後神経痛
 28.アキレス腱断裂
 29.骨折
 30.糖尿病性神経障害痛
 31.足関節炎
 32.幻肢痛
 33.慢性閉塞性肺疾患
 34.便失禁
 35.過活動膀胱
 36.胃痙攣
 37.筋筋膜痛症候群
 38.脳性麻痺
 39.陣痛・分娩痛
 40.アルツハイマー病

 索引

商品詳細

著者 中山登稔・林知也 著
出版社 医歯薬出版
発刊年 2011年06月
ISBN 978-4-263-24272-8
弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼ねて管理しております。 そのため、ご注文時に学会展示販売が重なった場合、一時的に在庫切れとなることがありますが、どうかご了承くださいませ。 在庫がなくなった際には、可能な限り迅速に補充するよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

Facebookコメント