眼科・脳神経外科 医学書専門書店 メディカルブックサービス

やっとわかった!拡大経蝶形骨手術 手術のセットアップから閉鎖まで

やっとわかった!拡大経蝶形骨手術 手術のセットアップから閉鎖まで

販売価格: 13,200円(税込)

数量:

商品詳細

真の「拡大経蝶形骨手術」とは?—頭蓋底正中病変に対する第一選択の術式が,経蝶形骨手術へと変化しつつある現在,従来の狭い術野ではなく,広い(拡大)術野で手術を行うことができれば,その適応も拡大していく。本書は,多くの症例を経験してきた著者が得た,拡大経蝶形骨手術に関するすべてのノウハウを,わかりやすいイラストで解説している。
まず,I章とII章で,術前準備やセットアップ,また手術の基本アプローチを紹介。III章,IV章では,本手術の要となる術野拡大のテクニックを,鼻腔周辺の解剖とともに,上方・側方・前方・下方に分け,細かい点まで丁寧に述べている。併せて硬膜閉鎖や髄液漏対策など,本手術特有の事項も紹介している。最後にV章では,代表的疾患への対応を具体的な症例を挙げて解説している。
本書を読めば,拡大経蝶形骨手術に興味のある人は手術をしてみたくなり,すでに行っている人は,本書のコツを明日の手術で試したくなるはずである。

【目次】

I 手術の準備とセットアップ
 1 手術室のレイアウト
 2 体位
 3 頭位
 4 術前シミュレーション
 5 ニューロナビゲーション
 6 術中モニタリング
    ◆外眼筋モニター 
    ◆視覚誘発電位
 7 内視鏡
 
II 基本となるアプローチ
 1 鼻中隔の解剖と粘膜剥離
 2 上口唇下粘膜切開法(Nasal phase)
 3 再手術(Nasal phase)
 4 経鼻孔法(Nasal phase)
 5 Sphenoidal phase
 
III 術野拡大のテクニック
 1 鼻腔とその周辺の解剖
 2 上方および上側方への拡大(posterior ethmoidectomy)
 3 側方への拡大(transpterygopalatine fossa approach)
 4 前方への拡大(transcribriform approach)
 5 下方への拡大(transclival approach)
    ◆斜台中部へのアプローチ
    ◆斜台下部へのアプローチ
 
IV 特殊なテクニックと手術器具
 1 鼻鏡
 2 深部縫合(cable-car knot technique)
 3 フィブリン糊の使用法
 4 静脈性出血のコントロール
 5 Anterior intercavernous sinusの処理
 6 頭蓋底の骨削除(egg-shell drilling technique)
 7 視神経管開放
 8 硬膜切開
 9 硬膜外鞍背削除(transdorsum sellae approach)
 10 Pituitary transposition
 11 剥離操作(sharp dissectionとchopping technique) 
 12 Watertightな閉鎖(multiple layer closure) 
 13 硬膜閉鎖(double layered fascial patch graft) 
 14 脂肪片の圧迫伸展(pressed fat graft)
 15 チタンメッシュプレートの使用法
 16 リン酸カルシウム骨ペーストの使用法
 17 ポンプ制御のspinal drainage
 
V 代表的疾患への対応
 1 下垂体腺腫
    ◆手術戦略と適応
    ◆手術手技
 2 ラトケ嚢胞・くも膜嚢胞
    ◆手術戦略と適応
    ◆手術手技
 3 海綿静脈洞病変
    ◆手術戦略と適応
    ◆手術手技
 4 鞍結節部髄膜腫
    ◆手術戦略と適応
    ◆手術手技
 5 頭蓋咽頭腫
    ◆手術戦略と適応
    ◆手術手技
 6 脳幹病変
    ◆手術戦略と適応
 7 斜台部病変
    ◆手術戦略と適応
 8 眼窩病変
    ◆手術戦略と適応
    ◆手術手技 

商品詳細

著者 北野 昌彦
出版社 メジカルビュー社
発刊年 2013年12月
ISBN 978-4-7583-1550-0
弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼ねて管理しております。 そのため、ご注文時に学会展示販売が重なった場合、一時的に在庫切れとなることがありますが、どうかご了承くださいませ。 在庫がなくなった際には、可能な限り迅速に補充するよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

Facebookコメント