眼科・脳神経外科 医学書専門書店 メディカルブックサービス

SPM8 脳画像解析マニュアル  fMRI,拡散テンソルへの応用

SPM8 脳画像解析マニュアル  fMRI,拡散テンソルへの応用

販売価格: 7,260円(税込)

数量:

商品詳細

●「CD-ROM付 脳機能画像解析入門」の姉妹編.脳画像解析フリーソフト最新SPM8の実践解説書.

【目次】

刊行にあたって(米本恭三)
 はじめに(菊池吉晃)
実践編
1章 脳機能画像解析の概要とfMRIの撮像(妹尾淳史)
 1 脳機能画像解析の概要
  脳機能画像解析とは? 脳機能画像解析の種類と特徴
 2 MRIの理論
  MRIとfMRIの違い MRIの理論
 3 fMRIの実験概要
  fMRIとは何か fMRIの解析法の変遷 fMRIで何がわかるのか fMRIの安全性 fMRIの実験手順 fMRIの実験デザインと撮像
 4 fMRIに関する注意事項
  fMRIの一般的な注意事項 fMRIの禁忌事項(MR室に絶対に入ってはならない人) fMRIの禁忌事項(MR室に持ち込んではならないもの) 被験者に対するインフォームドコンセント
 5 fMRIの実験に必要な機材
  視覚刺激実験に必要な機材 聴覚刺激実験に必要な機材 運動刺激実験に必要な機材
 6 fMRIの撮像
  用語説明 fMRI撮像の手順 画像データの転送・保存
 7 拡散テンソル解析
  ブラウン運動と拡散との関係 拡散強調撮像法の理論 拡散テンソルとは 拡散テンソルの算出法 ADCとFAの算出法 SPM以外の拡散テンソル解析
 8 画像保存形式の変換
  テキストファイル形式とバイナリファイル形式 画素あたりの情報量と階調度との関係 画像ファイルの構造 画像の保存型式と形式変換の必要性について
 9 SPM8によるDICOM形式からNIfTI形式への画像変換
  画像変換の保存形式をAnalyze形式からNIfTI形式へ変更 DICOM Importによる画像の保存形式の変換
 10 MRIcronによるDICOM形式からNIfTI形式の画像変換
  MRIcronのダウンロードとインストール dcm2niiguiによるDICOM形式からNIfTI形式の画像変換
2章 SPM8の使いこなし方(菊池吉晃,大場健太郎)
 1 SPMのコアとなる考え方
  実験デザインの考え方 前処理(Preprocessing)の意味 SPMでは脳活動をどのようにモデル化するか 脳賦活画像を統計的に理解する
 2 SPM8を使うために
  SPM8をダウンロードする SPM8を起動する
 3 ブロックデザインに基づくfMRIデータの解析
  前処理(Preprocessing) 個人解析(individual analysis,1st level analysis) 変量効果による集団解析(group analysis,2nd level analysis)
 4 事象関連デザインに基づくfMRIデータの解析
  前処理 個人解析 変量効果による集団解析
 5 Batch処理
 コラム1 T1(MNI)標準脳にもとづくNormalisation
 コラム2 Realignmentパラメータを用いて頭部の動きの影響を除去する
3章 拡散テンソルの解析方法(妹尾淳史)
 1 拡散テンソル解析の概要
  拡散現象とは何か 拡散テンソル解析で何がわかるのか
 2 拡散強調画像の撮像
  拡散強調画像の撮像手順 拡散強調画像の撮像パラメータ 拡散強調画像の歪み補正 拡散テンソル画像からのFAマップの計算 FAマップの解剖と正常値
 3 SPMの操作による健常例および疾患例―FAマップの標準化とグループ化
  FAマップのグループ化の概要
 4 SPMによる拡散テンソル解析の実際
  健常例データベースと疾患例の比較の実際
臨床応用編
4章 高次脳機能の基礎知識―高次脳機能障害研究から―(渡邉 修)
 1 高次脳機能とは
 2 ブロードマンの脳地図と脳回
 3 臨床でみられる高次脳機能障害のアウトライン
 4 前頭葉損傷が主体となる高次脳機能障害
  ワーキングメモリーの障害 遂行機能障害 フィルター機能および反応抑制機能の障害 注意障害 流暢性の障害 病識の低下 情緒・感情のコントロールの障害 道具の強迫的使用・他人の手兆候(alien hand) 展望的記憶の障害 運動障害
 5 頭頂葉損傷が主体となる高次脳機能障害
  【主に右頭頂葉損傷で認められる障害】
   方向性注意の障害―半側空間無視 病識の低下および左半側身体失認 構成失行,着衣失行,地誌的障害
  【主に左頭頂葉損傷で認められる障害】
   伝導失語 失行 失読失書 ゲルストマン症候群
 6 側頭葉損傷が主体となる高次脳機能障害
  失語症 記憶障害
 7 後頭葉損傷が主体となる高次脳機能障害
  一次視覚野(17野)を主とする障害 二次視覚野(18野,19野)を主とする障害
 8 離断症候群
 9 高次脳機能に関するActivation studyをするうえで留意すること
 コラム1 前頭葉機能を測る認知課題施行中の脳活動例
 コラム2 補足運動野の役割
5章 症例にみるfMRIの臨床応用(新見昌央,山田尚基,安保雅博)
 1 運動機能
  症例1/症例2
 2 認知機能
  症例3/症例4

 索引
 付録:解析用fMRIデータの入手について

商品詳細

著者 菊池吉晃・妹尾淳史・安保雅博
出版社 医歯薬出版
発刊年 2012年08月
ISBN 978-4-263-21406-0
弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼ねて管理しております。 そのため、ご注文時に学会展示販売が重なった場合、一時的に在庫切れとなることがありますが、どうかご了承くださいませ。 在庫がなくなった際には、可能な限り迅速に補充するよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

Facebookコメント