眼科・脳神経外科 医学書専門書店 メディカルブックサービス

脳血管内治療の進歩 2011

脳血管内治療の進歩 2011

販売価格: 5,280円(税込)

数量:

商品詳細

脳血管内治療の普及とレベルアップを目的に開催される「脳血管内治療ブラッシュアップセミナー」の演題をまとめたイヤーブックの第1号。セミナー演題のほか、脳血管内治療に関連する内科疾患や抗血小板療法など、この分野の医師にとって必須の知識を解説したコーナー、本書の編集者らによる座談会「急性期再開通療法の今後」など、盛りだくさんの内容である。


CONTENTS
序 文 /坂井信幸・他
執筆者一覧

脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2010
I 複数デバイス時代を迎えて頚動脈ステントはどうなるか?
 フィルタープロテクションの功罪 /津本智幸
1 現在国内で使用可能なプロテクションデバイス
2 各種プロテクションデバイスの臨床成績
3 フィルタープロテクションの利点
4 フィルタープロテクションの欠点
5 PercuSurgeの成績
6 ANGIOGUARDの成績
7 FilterWire EZの成績
8 現時点でのプロテクションデバイスの選択

 ディスタルプロテクションとプロキシマルプロテクション /小林英一
1 はじめに:EPDの有用性
2 フィルター型EPDとバルーン型EPD
3 総頚動脈閉塞時の病態
4 プロキシマルバルーンプロテクションの種類と特徴
5 バルーンとフィルターを組み合わせたembolic protectionの応用技術
6 CASを安全に行うために

II これだけは身につけよう,脳動脈瘤塞栓術!
 セットアップ,塞栓術の基本 /片岡丈人
1 大腿動脈穿刺
2 ヘパリン
3 ガイディングカテーテル
4 マイクロカテーテルの選択
5 動脈瘤へのマイクロカテーテル挿入
6 コイルの選択
7 カテーテル先端の位置と塞栓の実際
8 バルーンアシストテクニック
9 ダブルカテーテルテクニック

 合併症と対策 /石橋敏寛
1 はじめに
2 術中破裂をきたさないためのマイクロカテーテル,マイクロガイドワイヤーの操作
3 術中破裂時の対応
4 血栓塞栓症合併への対策
5 術中血栓症への対応
6 コイルのトラブル

III ステント支援脳動脈瘤塞栓術とはどんな治療か?
 Enterpriseの適応と禁忌 /片岡丈人
1 はじめに
2 使用目的
3 動脈瘤のサイズに関する適応
4 適応母血管径
5 ステント留置位置とマイクロカテーテル
6 抗血小板薬
7 未破裂脳動脈瘤
8 ステント脱落に関して
9 屈曲病変
10 使用上の禁止事項
11 おわりに

 Enterpriseの構造と使い方 /泉 孝嗣
1 適応と禁忌
2 VRDの構造
3 デリバリーシステム
4 VRDの使い方

 症例から学ぶEnterprise assist embolization /新見康成
1 適 応
2 術前術後管理
3 手 技
4 Enterpriseステント留置後におけるデリバリーシステムの利用法

IV 新時代の急性期再開通療法はどうなるか?
 脳虚血の病態生理 /藤中俊之
1 脳血流低下と細胞傷害
2 ペナンブラ(penumbra)
3 虚血性脳損傷の経時的進行
4 灰白質と白質における虚血性細胞傷害の違い
5 虚血後の二次的微小循環障害
6 虚血後再灌流傷害

 再開通療法に必要な画像診断 /長島 久
1 はじめに
2 コンピュータ断層撮影(CT)
3 磁気共鳴画像(MRI)

 rt-PA静注療法の現状と今後 /豊田一則
1 はじめに
2 国内でのrt-PA治療成績
3 SAMURAI rt-PA Registry
4 「3時間以内」の根拠と治療可能時間の延長
5 rt-PA 承認後の医療環境の変化
6 脳卒中対策基本法の法制化を目指して

 rt-PA静注療法における適応外症例・無効例の診断と治療 /吉村紳一
1 はじめに
2 rt-PA静注療法の適応と血管内治療の適応
3 rt-PA静注療法無効例の判定
4 臨床研究における血管内治療の適応
5 結 語

 これまでの再開通療法 ─局所線溶療法,血管形成術─ /松本康史・他
1 はじめに
2 局所線溶療法に関するランダム化比較試験
3 rt-PA静注療法と局所線溶療法の併用
4 おわりに

 Merciの構造と使用方法 /石井 暁
1 Merciリトリーバー(Vシリーズ)
2 Merciマイクロカテーテル(MC18L)
3 Merciバルーン付ガイディングカテーテル
4 準 備
5 使用方法
6 症 例

 Mechanical Retrievers ─米国でのMerci,Penumbraの臨床使用経験─ /立嶋 智
1 はじめに
2 機械的頭蓋内血栓回収療法
3 閉塞病変に合わせた治療法の選択:Merci&Penumbra&IA Lytics
4 Merci症例の呈示
5 Penumbra症例の呈示
6 次世代の血栓回収デバイス
7 未承認のデバイス
8 まとめ

 再開通療法に関する最新のスタディ・レビュー /早川幹人
1 はじめに
2 Merciリトリーバー
3 Penumbra system
4 頭蓋内ステント
5 結 語

座談会
 急性期再開通療法の今後
司会 /坂井信幸
コメンテーター /瓢子敏夫,松丸祐司,宮地 茂,吉村紳一

実践に役立つ! 知識のコーナー
 脳血管内治療成功のカギをにぎる 抗血小板療法マスター講座 /榎本由貴子
テーマ 血管内治療における抗血小板療法の歴史  なぜ必要なのか
冠動脈インターベンションにおける抗血栓療法の歴史
なぜ抗凝固療法のみでは不十分なのか?
頚動脈ステント留置術における抗血栓療法の歴史
動脈瘤コイル塞栓術における抗血栓療法の歴史

 知っておきたい内科の知識
Thema 1 CKDと脳血管内治療 /長谷川詠子
CKDとは?
脳血管内治療後の急性腎不全
血管内治療時に注意する薬物
Thema 2 抗血栓療法と消化器内視鏡 /菊池大輔・他
はじめに
抗血栓療法による消化管粘膜傷害の病態
LDAと上部消化管傷害
LDAと小腸粘膜傷害
LDAと大腸粘膜傷害
消化器内視鏡における抗血栓療法の取り扱い

商品詳細

著者 神戸市立医療センター中央市民病院脳神経外科部長 坂井 信幸 他著
出版社 診断と治療社
発刊年 2011年7月
弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼ねて管理しております。 そのため、ご注文時に学会展示販売が重なった場合、一時的に在庫切れとなることがありますが、どうかご了承くださいませ。 在庫がなくなった際には、可能な限り迅速に補充するよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

Facebookコメント