眼科・脳神経外科 医学書専門書店 メディカルブックサービス

パーキンソン病(第2版) 基礎・臨床研究のアップデート 【日本臨床 増刊号】

パーキンソン病(第2版) 基礎・臨床研究のアップデート 【日本臨床 増刊号】

販売価格: 19,800円(税込)

数量:

商品詳細

【目次】

序文
服部 信孝      1
I.総 論 
 1.パーキンソン病の歴史的な流れ大塚千久美     11
 2.パーキンソン病の疾患概念と分類村田 美穂     18
 3.わが国におけるパーキンソン病の疫学研究向井 洋平     23
 4.わが国におけるパーキンソン病病態研究の歩みと世界への貢献奥田 真也     30
II.病 因 
 1.原因・関連遺伝子 
  (1)α-シヌクレイン山門 穂高     39
  (2)Parkin  -損傷ミトコンドリアの分解シグナル増幅因子-福島佳保里     44
  (3)UCH-L1和田 圭司     51
  (4)ミトコンドリア品質管理におけるPINK1の役割安藤 真矢     56
  (5)DJ-1高橋 哲也     61
  (6)LRRK2太田 悦朗     65    
  (7)ATP13A2常深 泰司     73
  (8)PLA2G6遺伝子異常による膜障害と神経変性隅  寿恵     79
  (9)VPS35吉田  隼     86
 (10)CHCHD2舩山  学     91
 (11)VPS13C林田 有紗     97
 (12)tau本井ゆみ子    103
 (13)ダイナクチン(DCTN1穂坂 有加    107
 (14)Ataxin2(ATXN2)山下  力    112
 (15)GBA三井  純    116
 (16)新規優性遺伝性PDの遺伝子 RIC3、DNAJC13, TMEM230, EIF4G1曽我部俊策    122
 (17)新規PD/parkinsonizm遺伝子(劣性及び伴性遺伝性など) 
      22q11.2del, SYNJ1, RAB39B, DNAJC6, PODXL, PTRHD1大垣光太郎    127
 (19)GCH1遺伝子吉野 浩代    135
 (20)疾患感受性の遺伝子同定戸田 達史    140
 2.環境因子 
   (1)農薬・殺虫剤野田 和幸    146
  (2)ウイルス感染-日本脳炎ウイルスを中心に緒方 昭彦    150
 3.その他の因子 
  (1)蛋白質・オルガネラ・アルデヒド分解系松田 憲之    156
  (2)興奮毒性松井 秀彰    162
  (3)酸化ストレス頼高 朝子    167 
  (4)パーキンソン病と炎症・免疫志村 秀樹    174
  (5)シナプス菅野 直人    178
III. 病理・病態 
 1.神経病理学的検討 
   (1)中枢神経系高梨 雅史    187 
   (2)末梢自律神経系仙石 錬平    192
   (3)実験病理-伝播様式寺田  真    198
  (4)心臓交感神経織茂 智之    204
 2.神経生理−基底核生理花島 律子    212
IV.検査・診断 
 1.診断基準金原 禎子    221
 2. 臨床症状 
  (1)発症前症状梶本 賀義    227
  (2)早期・進行期パーキンソン病の症状中村 友彦    232
  (3)非運動症状伊藤 瑞規    238
  (4)眼球運動徳重 真一    245
  (5)運動症状水谷 泰彰    251
 3.臨床症状定量ツール (MDS-UPDRS)市川  忠    256
 4.一般検査-電気生理学的検査、血液・尿・髄液検査山元 敏正    261
 5.自律神経障害とその機能検査法 
   (1)心血管系自律神経障害岡  尚省    265
  (2)消化管機能内田 健登    272
  (3)発汗・皮膚血管系平山 正昭    278
  (4)睡眠・覚醒の客観的検査法鈴木 圭輔    282
 6. 神経心理的検査馬場  徹    290
 7. 画像検査 
  (1)CT・MRI-鑑別を含む余郷麻希子    296
  (2)MIBG心筋シンチグラフィー永山  寛    301
  (3)PET・DAT SPECT・SPECT菊池 昭夫    307
  (4)パーキンソン病の最先端神経画像研究林  拓也    315
 8. パーキンソン病における消化管粘膜生検および皮膚生検谷口さやか    320 
 9. 診断バイオマーカー斉木 臣二    326
10.関連疾患 
  (1)進行性核上性麻痺 -臨床病型の多様性及びパーキンソン病との鑑別診断-金澤 雅人    330
  (2)皮質基底核変性症齊藤 祐子    338
  (3)多系統萎縮症金井 数明    344
  (4)DLBとPDD小野賢二郎    351
  (5)パーキンソン認知症複合小久保康昌    355
  (6)純粋自律神経不全症村上 秀友    361
  (7)薬剤性パーキンソニズム森田  洋    366
  (8)血管障害性パーキンソニズム田中 亮太    371
  (9)中毒性パーキンソニズム吉田 典史    375
 (10)代謝性パーキンソニズム蝦名 潤哉    382
 (11)脳炎後パーキンソニズム横山 和正    388
 (12)脳腫瘍とパーキンソニズム大島 秀規    396
V.治 療 
 1.新しい診療ガイドライン下  泰司    403
 2.早期パーキンソン病治療波田野 琢    408
 3.進行期パーキンソン病治療高橋 一司    413
 4.非薬物治療三原 雅史    417
  (1)早期リハビリテーション 
  (2)早期からの運動療法(エクササイズ)高橋 裕秀    423
  (3)サポートの利用・栄養管理服部 達哉    429
 5.主な治療薬の種類と特徴 
  (1)レボドパ樽野 陽亮    436
  (2)ドパミン作動薬 
    1)ドパミン作動薬-麦角系石口  宏    442
    2)ドパミン作動薬-非麦角系松島 理明    448
  (3)MAO-B阻害薬藤岡 伸助    455
  (4)アデノシンA2A受容体拮抗薬坪井 義夫    461
  (5)ノルアドレナリン作動薬町田  裕    467
  (6)ゾニサミド小田 真司    473
  (7)抗コリン薬白石  眞    478
  (8)COMT阻害薬高橋 哲也    483
 6.治療薬の併用療法前田 哲也    488
 7.パーキンソン病における新規治療法の開発状況渡辺 宏久    494
 8.機器装着治療 
  (1)脳深部刺激療法斎木 英資    501
  (2)脳深部刺激療法の術式深谷  親    510
  (3)脳深部刺激療法術後の調整(問題点、フォローアップ)木村 活生    515
  (3)LCIG(レボドパ・カルビドパ水和物配合経腸溶剤)大山 彦光    522
  (4)LCIGの術式石原 雄次    529
  (5)反復磁気刺激療法濱田  雅    534
 9.再生療法 
  (1)骨髄間葉系幹細胞田中 亮太    540
  (2)パーキンソン病に対するiPS細胞を用いた細胞移植森実 飛鳥    544
10.遺伝子治療 
  (1)ドパミン合成系酵素系村松 慎一    550
  (2)パーキンソン病の核酸治療上原 拓也    555
11.リハビリテーション 
  (1)理学療法・作業療法・言語聴覚療法林  明人    560
  (2)音楽療法服部 優子    564
  (3)サイボーグ型ロボットによる運動学習池田 哲彦    570
VI.治療上の問題点と対策 
 1.運動症状 
  (1)Wearing off現象, no-on/delayed on現象, on-off現象関  守信    579
  (2)ジスキネジア田代  淳    585
  (3)すくみ足深江 治郎    591
  (4)姿勢異常松村美由起    597
  (5)悪性症候群中村真一郎    602
 2.非運動症状 
  (1)精神症状・うつ・認知症・記憶障害柏原 健一    607
  (2)睡眠・覚醒障害竹内  暢    614
  (3)衝動抑制障害長田 高志    620
  (4)排尿障害・便秘大塚千久美    626
  (5)パーキンソン病の性機能障害丸山 哲弘    633
  (6)嚥下障害中馬 孝容    652
  (7)起立性低血圧栗崎 玲一    657
 3.その他 
  (1)嗅覚障害飯嶋  睦    662
  (2)心臓弁膜症森田 昌代    667
  (3)皮膚症状駒井 清暢    672
VII.QOL 
 1.ADL(activity of daily living)古谷  剛    679
 2.在宅医療伊藤 和則    682
 3.人間らしく生きる日常のための考察西崎  昭吉    690
 4.日本パーキンソン病コングレス(JPC)岡田 芳子    697
 5.患者の高齢化に対する長期治療計画佐光 一也    703

商品詳細

出版社 日本臨床社
発刊年 2018年年05月
ISBN 0047-1852
弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼ねて管理しております。 そのため、ご注文時に学会展示販売が重なった場合、一時的に在庫切れとなることがありますが、どうかご了承くださいませ。 在庫がなくなった際には、可能な限り迅速に補充するよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

Facebookコメント